トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイド清浄な空気 > エアコンクリーニングの一般的な内容
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングの一般的な内容

エアコンクリーニングの一般的な内容の画像

エアコンの掃除で一番簡単なのは、掃除機とお古の歯ブラシを使ったエアコンの掃除なのです。エアコンを分解せずに、掃除機で吸えるゴミをまず吸っていくのです。この時、歯ブラシを使いながらすると効果的にエアコンの掃除ができるのです。
エアコンクリーニングは、家庭の場合フィルターの掃除ぐらいはできるのですが、細部の掃除まではなかなか難しいと思うのです。エアコンを分解せずに、掃除機で掃除した場合、エアコンの表面に近い部分しか掃除できないのです。

会社 や施設などではもっと大掛かりな掃除になり、簡単にできるものではないのです。しかし、エアコンはよく使用するものであり、故 障すると非常に困るのです。そのため、定期的なメンテナンスや掃除が必要になってくるようです。エアコンクリーニングの一般的な方法は、苛性ソーダがベースの強アルカリ洗剤による洗浄が行われているのです。
エアコンクリーニングに使う強アルカリ洗剤は、エコ洗剤よりも汚れを短時間で落とすことが出来るようですので、業者さんは良く使用されているのです。

細部にホコリがたまることで、熱効率が悪くなり、同じ温度設定にしていても通常より大きなエネルギーを使用しなければいけなくなるのです。市販のエアコン洗浄スプレーでは圧倒的に洗浄する際の液量が足りないのです。その為に流れきらない汚れ残りがドレンパンに溜まり余計に悪臭を放つ場合があるのです。
さらに落とした汚れが外に流れきらない為にドレンホースを詰まらせてしまい、水漏れの原因になることもあるようです。

ホコリが溜まるということは、悪い空気を出すことになるため、身体にも良くない影響を及ぼすことも考。 電気代の削減や健康な生活をするためにも、エアコンのクリーニングをご検討されてはどうでしょうか。
また、最近のエアコンは電装部品が中央付近に付いているものがあり、謝って電装部品にかかってしまいエアコンが故障する事例も出ているのです。 さらに大事なことですが、ホコリやカビで汚れている肝心な送風ファンをクリーニングできないことなのです。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングと洗浄スプレー

自分でするエアコンクリーニングと言えば、ほとんどの方が市販のエアコン洗浄スプレーなどで、エアコンクリーニングを行なうのが一般的となっているようですが、その方法ではエアコン全面のアルミで出来たギザギザの箇所はきれいになったように見えるのですが、内部に溜まったほこりやカビはほとんど取る事ができないのです。 空調機器は必要な冷却温度を維持するため、アルミフィンの効率低下分を圧縮機とファンの働く時間を多くすることによりその目的を達成できるよう設計されているようですが、これは圧縮機の

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。