トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイド清浄な空気 > エアコンクリーニングのタイプ
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングのタイプ

エアコンクリーニングのタイプの画像

エアコン洗浄シートをしっかり取付け、万が一の飛散を考えてエアコンの周辺を出来るだけ広範囲をカバーすることが重要だと考えているのです。それになんと言っても多くの業者が行っているので、価格競争となり利益率が悪くなってきているのです。
エアコンのタイプにもよってくるのですが、天カセ型、天吊型は1台2時間前後となっているのです。台数の多い場合はスタッフを増やすようですので1日に20~30台の洗浄も可能となっているのです。それに比べて次世代型エコエアコンクリーニングは、洗剤残留の臭いがなく、エアコンの汚れの中で一番多いカビを徹底的に排除するのです。

汚れ具合や作業時間によって、追加料金がかかる事はないのです。特殊なケースでもあらかじめ確認し、お客様が納得されてから作業に入るのです。なによりお客様のエアコン、住宅、お客様自身の体にやさしいようです。
お客様に本当に喜んでもらえ施工する自分にもやさしいエアコンクリーニングなのです。エアコンクリーニングにおいて、室外機の洗浄は必須となっているのです。また室外機の設置場所によって、クリーニングする上で難しい場合があるのです。

そういったケースでは、必ずエアコンクリーニング専門の業者に依頼するようにしましょう。一般的なエアコンクリーニングと完全に差別化できるので、価格が維持できて利益向上につながるのです。エアコンは今や生活に欠かせない家電商品のひとつなのです。設置環境や使用頻度により変わってくるのです。
例えば、24時間毎日営業しているコンビニや換気の悪い工場、たばこの煙の多いパチンコ店、焼肉店などの飲食関係などは最低1年に1度のエアコンクリーニングをオススメ出来るのです。

エアコンは、使い方、選び方ひとつでお部屋の環境も変わってくるのです。家族が、心地よい生活をするためにもエアコンの掃除はとっても、必要なのです。エアコンは年間を通して使うのですが、普段から掃除をするものではないのです。
しかし、エアコンはその構造上、どうしてもカビが繁殖しやすい環境にあるようです。長年使っているとエアコンの中はカビだらけになっていくのです。どうしてカビは、発生するのでしょうか?エアコンはジメジメした空気を冷やし湿気を水に変えて、乾燥した空気を部屋に送り返しているのです。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングは全面で

エアコンの全面パネルを開いて、エアコンフィルターを取り外せるようにしましょう。ここですぐに取り外しても良いと思うのですが、このとき先に掃除機で、表面の埃を取っておくと、床にフィルターの埃が落ちることを防ぐことができるのです。このエアコンの掃除方法のメリットとしては、とにかく簡単である、ということ。フィンブラシも高々数百円ですし、掃除機なんか、どこの家庭にもあるのです。 やり方はそれぞれのメーカーの製品ごとに異なるようですので、それぞれの説明書などを参考にしてみるようにしまし

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。