トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイド自分で行うエアコンクリーニング > エアコンクリーニングの依頼
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングの依頼

エアコンクリーニングの依頼の画像

エアコンクリーニングを業者に依頼する時のポイントの1つは、どこまでキレイにしてもらえるかということなのです。業者によっては簡単な分解しかせず、表面の汚れだけを落として完了ということもあるかもしれないと思うのです。ホームセンターなどに良く売っている市販のエアコン洗浄スプレーなのです。
シーズンになると大変よく売れると聞いたことがあるのです。私は何故これが良く売れるのか未だに不思議に思うのです。使った方なら恐らくお分かりだと思いますが、確かにスプレーした箇所はキレイになったように見えるのです。

エアコンの臭いも雑菌も除去されないばかりか、エアコン本来の機能も回復できない場合もあるのです。エアコンをできる限り分解して完全に洗浄してくれる業者かどうかを見抜くことが重要になっているのです。
でもちょっとまって下さい、熱交換器の見えている表側をキレイにしても裏側はもちろん、送風ファンや吹き出し口の汚れはどうやって落とすのでしょう?エアコンは外枠を外して、丸洗いしなければキレイにならない部位があるのです。

それにもかかわらず、知識不足や経験不足、サービスの質が低い業者などは、分解すべき部位を取り付けしたまま洗浄を行っているのです。しかもスプレーの液量では汚れを外の排水パイプまで流しきることが出来ないのです。
エアコン洗浄スプレーを使った後に余計に臭いがしてくるのは流れきらなかった汚れが臭うせいなのです。一部分だけキレイにしても意味がないと言われているのです。エアコンクリーニングは、はっきり言うと難しい作業ではないのです。

逆に洗浄可能な部品をわざわざ外して洗浄に時間をかけたりといった、プロとは言い難い業者もあるのです。
さらに、取付け・取り外しがうまくいかずに不具合が生じるような最悪のケースもあるのです。エアコンクリーニング業者の選定は慎重に行うようにしましょう。それだけに新規参入が多いのが現実で、価格競争が激化して低価格化しているのです。スプレーでシューとうい業者は論外としてほとんどの業者さんは、強アルカリ洗剤で高圧クリーニングする施工法なのです。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングと室外機

エアコンは文字通り室外という過酷な条件の中、1年365日、雨、風、砂埃にさらされているのです。その為、アルミフィンにゴミ、砂埃が付着してしまい、アルミフィンの熱交換能力が低下し、電気使用能力が悪化してしまうのです。エアコンから、汚れた水が出てくるのです。きれいになりましたら、次は台所用の塩素系漂白剤を使って殺菌するのです。洗剤と同じようにスプレーし、10分ぐらい放置しておくのです。その後再び水洗いして終了となるのです。カバーはよく乾かしてから取り付けるようにしましょう。 年

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。