トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイド自分で行うエアコンクリーニング > エアコンクリーニングの歴史
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングの歴史

エアコンクリーニングの歴史の画像

空気環境の改善により健康面でもメリットを与えてくれるのです。お風呂場と同じ状態になると思っていいのです。湿気が多い状態だとお風呂場って直ぐカビが生えてきくるのです。同じようにエアコンも湿ったままだとカビが生えてしまうようです。
家庭用のエアコンクリーニングサービスは、エアコンの普及に伴って1990年代前半から徐々に浸透してきているのです。
一方、業務用エアコンクリーニングサービスの歴史は、それに比べて浅く1990年代後半になってからなのです。
お風呂なら窓を開けて換気すれば、湿気は取れるのですが、エアコンはそうはいかないのです。水分を吸ったホコリの溜まったエアコンはカビの温床となるのです。

お部屋の環境にもよってくるのですが、特にホコリの目立つお部屋などは頻繁に取り外して掃除するようにしましょう。エアコンの対応年数は約10年と言われているのですが、定期的にエアコンクリーニングを行うことによりエアコンの長寿命化につながるのです。
また故障の予防、経済的な運転、快適で清潔な環境など多くのメリットが考えられるのです。方法は掃除機で吸うのではなく、お風呂のシャワーで埃の付いてる面の裏側からシャワーの勢いで埃を落とし、その後に洗うようにしましょう。

出来ればキッチンハイター等の漂白剤に漬け置きした方が、綺麗に殺菌できるようになっているようですので、カビの繁殖を抑えることが出来るのです。フィルターは二週間に一回位は、お掃除したほうが良いと思います。
コストに関しても、決してデメリットではなく、クリーニングをしないで使用し続けている方がランニングコスト的に見て不利といえるようです。つまり、エアコンクリーニングはメリットばかりで、デメリットがないようです。

エアコンのフィルターの掃除はマメにしておられる方もおられるのですが、意外と空気清浄フィルターのお手入れは忘れがちなのです。このフィルターは洗うことができまないようですので、定期的に交換が必要になっているのです。メーカーにもよってくるのですが、3ヶ月~半年、長くても二年ごとの交換が必要なのです。取扱説明書をご覧になれば明記してあるようですのでご確認するようにしましょう。
また、空気清浄フィルターだけでなく最近の機種は色々なフィルターが備え付けてあるようですのでご確認するようにしましょう。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングの作業内容

エアコンのの掃除前に、事前にホコリをとっておいて、エアコンの電気回路を保護して、等々前処理をしてから、エアコンの掃除に取りかかるわけですが、慣れていないせいか、この前処理が意外にドキドキするのです。値段だけでなく、作業内容を確認して納得できるものを選ぶようにしましょう。エアコンクリーニングにおいても、安物買いの銭失いにならないように注意深くありたいのです。それに、エアコンにスプレーを吹きかけるのが、また、ドキドキするのです。 汚れは、最終的にはエアコンの室外機から外に出ると

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。