トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイド自分で行うエアコンクリーニング > エアコンクリーニングと室外機
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングと室外機

エアコンクリーニングと室外機の画像

エアコンは文字通り室外という過酷な条件の中、1年365日、雨、風、砂埃にさらされているのです。その為、アルミフィンにゴミ、砂埃が付着してしまい、アルミフィンの熱交換能力が低下し、電気使用能力が悪化してしまうのです。エアコンから、汚れた水が出てくるのです。きれいになりましたら、次は台所用の塩素系漂白剤を使って殺菌するのです。洗剤と同じようにスプレーし、10分ぐらい放置しておくのです。その後再び水洗いして終了となるのです。カバーはよく乾かしてから取り付けるようにしましょう。

年の酸性雨の影響でアルミフィンが腐食してしまい、ガス漏れ等のトラブルが起こることもあるのです。室内外機両方のクリーニングを行う事によって、負担が低減され、寿命も延ばせるのです。エアコンはお部屋の空気を吸い込み、熱交換器と言う本体の部分に空気を通し、熱交換器を空気が通り過ぎる間に冷やしたり、暖めたりするのです。現在、エアコンクリーニングの業者さんと言えばエアコンメーカーさんや大手家電専門店から町の小さな電気店、引越し専門会社、大手・中小ハウスクリーニング専門店などがあるのです。エアコンの空気を吸い込む力は相当なもので、家中のホコリまで一緒に吸い込んでしまうのです。

エアコンにはホコリを取り除くフィルターが付いているのですが、空気を吸い込む量を確保する為、目が粗くなっているのです。その為に細かいホコリなどはフィルターを通り過ぎ、熱交換器や送風ファンに溜まっていくのです。ホコリの中にはダニの死骸などのが含まれているので、ハウスダストとなって身体に悪影響を与えるのです。日本は湿度が高い為カビの発生は多い、カビの発生には換気不足や高密度住宅が増えている事も1つ考えられるのです。

エアコン内部に関してもエアコン使用後の湿気による黒カビの発生やホコリによるダニの発生等があるのです。更に冷房やドライ運転をすると熱交換器で空気を冷やしたときに空気中の水分が熱交換器に残るのです。ホコリがその水分を吸ってしまい湿った状態になるのです。エアコンクリーニングとは、エアコン内部を分解洗浄することなのです。エアコンクリーニングを行うことで、ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、タバコのヤニなどを取り除き、エアコン本体の寿命を延ばすことにもつながるのです。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングの作業内容

エアコンのの掃除前に、事前にホコリをとっておいて、エアコンの電気回路を保護して、等々前処理をしてから、エアコンの掃除に取りかかるわけですが、慣れていないせいか、この前処理が意外にドキドキするのです。値段だけでなく、作業内容を確認して納得できるものを選ぶようにしましょう。エアコンクリーニングにおいても、安物買いの銭失いにならないように注意深くありたいのです。それに、エアコンにスプレーを吹きかけるのが、また、ドキドキするのです。 汚れは、最終的にはエアコンの室外機から外に出ると

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。