トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイド自分で行うエアコンクリーニング > エアコンクリーニングと洗浄スプレー
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングと洗浄スプレー

エアコンクリーニングと洗浄スプレーの画像

自分でするエアコンクリーニングと言えば、ほとんどの方が市販のエアコン洗浄スプレーなどで、エアコンクリーニングを行なうのが一般的となっているようですが、その方法ではエアコン全面のアルミで出来たギザギザの箇所はきれいになったように見えるのですが、内部に溜まったほこりやカビはほとんど取る事ができないのです。
空調機器は必要な冷却温度を維持するため、アルミフィンの効率低下分を圧縮機とファンの働く時間を多くすることによりその目的を達成できるよう設計されているようですが、これは圧縮機の寿命を短縮していることと一緒に電機をも浪費していることになるのです。エアコンからの嫌な臭いの原因は、ほとんどカビが原因なのです。

エアコンクリーニングで洗い落とすようにしましょう。又、エアコンの熱交換器にほこり等が付着すると冷気を作る効率が悪くなり、余分な電気代がかかってしまうのです。
通販などで、下のようなエアコン洗浄セットというものが売られているのです。しかし、こんな高価な道具を購入するならエアコンクリーニング業者に頼んだ方が安くつくのです。

原因はエアコン内部の熱交換器・ドレンパン等に付着している塵埃・カビ菌・細菌・有機成分等が大きな原因となっているのです。耐圧ホース、ジェットノズル、ホースジョイント元口は洗浄機代わりに使うのです。
洗車やガーデニングで使っているもので十分なのです。室内で水を使う事になるようですので、ホースの継ぎ目などから、漏れないことが条件となっているのです。

また、ホースの長さは水道栓からエアコンまで届くだけの長さが必要なのです。細かなアルミフィンの目の中・ドレンパン内部に詰まった埃などを住み家として、カビや細菌などのバクテリアが繁殖し、異臭をつくっているからなのです。
また、これらの細菌やバクテリアは放っておくと再び吹き出し口より空気中へばらまかれ最近においてはアレルギーの原因ではないかとも言われているのです。ポリマスカー550m幅、ビニールシートはエアコンクリーニングの際、洗浄水が飛び散らないように養生するのです。ポリマスカーは必須となっているのです。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングとフィルター

冷房効率を上げるためにもエアコンフィルターの掃除はこまめにやっておきたいと思うのです。エアコンの掃除の次のステップは洗浄剤と掃除機等を組み合わせたエアコンの掃除なのです。掃除機だけを使ったエアコンの掃除ではエアコンの表面に近い部分しかの掃除できませんでしたが、エアコン掃除用洗浄剤を使うことで、フィルターの奥にあるアルミフィンについたホコリやカビも洗うことができるのです。ガソリン価格や食品価格の上昇に伴い、電気代も同様に上がっていくのです。温暖化ガス排出量の削減のためにも、エ

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。