トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ

エアコンクリーニング・ガイドエアコンクリーニングの概要 > エアコンクリーニングは全面で
↓↓エアコンクリーニングはプロの技でスッキリ!!↓↓
>> プロによる分解清掃・高圧洗浄でカビ・ホコリを一網打尽!家庭用エアコン室内機(壁掛けタイプ)1台がキレイに!

エアコンクリーニングは全面で

エアコンクリーニングは全面での画像

エアコンの全面パネルを開いて、エアコンフィルターを取り外せるようにしましょう。ここですぐに取り外しても良いと思うのですが、このとき先に掃除機で、表面の埃を取っておくと、床にフィルターの埃が落ちることを防ぐことができるのです。このエアコンの掃除方法のメリットとしては、とにかく簡単である、ということ。フィンブラシも高々数百円ですし、掃除機なんか、どこの家庭にもあるのです。

やり方はそれぞれのメーカーの製品ごとに異なるようですので、それぞれの説明書などを参考にしてみるようにしましょう。エアコンフィルターを無事に外せたら改めて、表面のゴミを掃除機で吸うようにしましょう。エアコンフィルターの素材はとても柔らかいものですから、乱暴に扱わず丁寧にゴミを取るようにしましょう。それらを使ってエアコンの掃除をするだけですから、時間さえあれば、業者になんか頼まないでも自力でエアコンの掃除ができてしまうのです。大まかな汚れが取れたら、次はエアコンフィルターの水洗いに移るのです。

流しやお風呂場などで、細かなゴミを洗い出すようにしましょう。その後、陰干しにするなどしてフィルターを乾かせばエアコンフィルター掃除の完了なのです。一方、デメリットは、エアコンの表面に近い部分しかの掃除できない、というところ。これは、簡単なエアコンの掃除方法を選んでしまった以上は、仕方がないところなのです。再度セットして、エアコンを稼働しておくようにしましょう。このとき、エアコンをすぐに稼働させることで、完全に乾いていないフィルターでも乾燥させることができるのです。

ですので、完全に乾いていない状態でも、水がぽたぽたと垂れない生乾きの状態でもエアコンにセットしても平気なのです。もっとも、全然時間がない、という方には、この方法でのエアコンの掃除であっても、業者に頼む価値があるかもしれないと思います。実際には、ハウスクリーニングと合わせてエアコンも掃除をする、という時に、この方法が取られることが多いのです。エアコンのフィルター掃除について簡単に調べてみるようにしましょう。夏の暑い時期にフル稼働するエアコンなのです。

エアコンクリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ エアコンクリーニングの業者

業者にエアコン掃除を頼むにしても、値段によって掃除方法が変わってくるのです。低圧式小型ポンプを使った数千円で出来るものから、高圧式ポンプを使って本格的にファン自体を取り外して綺麗にするものまで様々となっているのです。値段だけでなく、作業内容を確認して納得できるものを選ぶようにしましょう。エアコンクリーニングにおいても安物買いの銭失いにならないように注意深くありたいものなのです。 そして、次にエアコンを使うときに、繁殖したダニやカビが部屋中にまき散らされてしまうようです。口コ

エアコンクリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。